サービス紹介

  • ESJ
  • えのさん流MBA
    • 講義紹介
    • 受講生の声
    • 受講料・受講までの流れ
    • お試し参加
  • コンサルティング
    • 内容紹介
    • 費用・契約までの流れ
    • ネットコンサル
  • えのさん塾
    • 内容紹介
    • 参加者の声
    • 費用・参加までの流れ
  • えのさんお墨付き企業紹介
    • お墨付き企業リスト
    • 費用・紹介までの流れ

えのさん流MBA 講義について

 えのさん流MBAは、えのさんの経営体験を基に作られたカリキュラムです。
たからこそ、受講生企業は成果をあげている訳です。
 とは言え、えのさん自身の経営は順風満帆で進んできた訳ではなく、多くの中小企業経営者同様、立ちふさがる巨大な壁を何度も経験しました。
えのさんが小さな倉庫から一人で始めた事業を200億にまで伸ばした過程は、決して平坦ではなかったのです。
たくさんの成功の影にはその何倍もの失敗や苦境がありました。(下にあげたのはごく一部…)
 実は、こうした成功・失敗体験を分析して、経営やマネジメントを科学的にまとめたカリキュラムが「えのさん流MBA」なのです。こうした波瀾万丈の経験を生かし、中小企業に最適化してあるため、実践し易く、即効性も高いカリキュラムなのです。

えのさん流MBA講義内容

えのさん流MBA 講義の詳細内容

 えのさん流MBAの講義は、経営・マネジメントに必要な能力を高める基本講座を11回、卒業論文発表会の合計12回に分かれています。
各講義はスキル別にわかれており、毎回講義のテーマに沿って深く学んでいきます。

※下記の説明をクリックすると各講義の詳細内容が表示されます。

  • 第1回 事業の本質

    経営の大枠を掴む顧客・
    事業ドメインの定義

  • 第2回 知行合一思考

    生産性の劇的向上
    情報処理判断能力の向上

  • 第3回 変動相場の法則

    万物に相場はある
    事業への相場の
    生かし方

  • 第4回 出直しの法則

    えのさん流事業再構築
    の手法を徹底解説

  • 第5回事業戦略立案
(置換えの法則・営業)第6回事業戦略立案(管理・財務)

    えのさんの経験から導き出した事業戦略
    のフォーマットを自社に置き換えて、
    自社の事業戦略を立案していきます

  • 第7回 経営ビジョン、経営理念

    ビジョンによって人事が
    変わる理念に沿った行動
    とは

  • 第8回 人事戦略

    採用/教育/評価/分配

  • 第9回 マネージャーとモチベーション

    管理職としての心得と
    マネジメントの技術

  • 第10回 経営心理学

    過去の人生の完了を迎える自己責任感

  • 第11回 経営心理学2 卒論課題設定

    誰に、何を伝えたいのか
    今後どのような人生を歩
    んでいくか

  • 第12回 卒論発表会

    社員・社長・家族へのメッセージを伝える

ニックネーム制度でフラットな関係づくり

ニックネーム制度でフラットな関係づくり

 MBAでは、講師の榎本計介は「えのさん」とニックネームで呼ばれています。
受講生もそれぞれにニックネームをつけ、MBAの中ではニックネームで互いを呼び合います。
こうすることで企業規模や役職、年齢に関係なくフラットでフランクな関係づくりができるのです。

えのさん流MBA 一日の流れ

 えのさん流MBA受講当日のタイムテーブルは下記の通りです。
学びのシェアを入れることで、受講生それぞれの視点で学びを振返る事ができます。

えのさん流MBA 一日の流れ

※タイムテーブルは、当日の進捗状況により適宜変動させて頂くことがございます。

えのさん流MBA 学習システム

 えのさん流MBAでは学習効果を高めるための工夫があります。
「学んでそれで終わり」にならないように、講義が終わってから次の講義までの一ヶ月間を使って、講義の理解を深めるていきます。

えのさん流MBA 学習システム

Plan 感想レポートの作成
 講義が終わった2日以内に感想レポートを書いて頂きます。
社内でどう活用していくかなど、講義を思い出しながら書いてメーリングリストにアップします。
Do MBA内容を社員さんへ伝え、社内共有
 講義で学んだ内容を社員さん(2名以上)に伝えて共有して頂きます。
その社員さんにはレポートを書いてもらいます。
もしかすると、思ったより伝わっていないことにショックを受けるかもしれませんが、ここでは受講生自身がどれだけ理解し、伝えられたかを客観的に知る事が重要です。また、教えてみると意外と面白かったりします。こうしたアウトプットを入れる事で学びが一層深まります。
(社員さんがいない場合、友人や知人でも構いません)
Check レポートの共有・チェック
 レポートは社員さんのものと合わせてメーリングリストに送って、えのさんや他の受講生とシェアします。
シェアしたレポートはあらかじめ決められた受講生がチェックし、メーリングリスト上で提言を行います。こうして仲間の学びを自分の学びへ昇華させていきます。
活発な期では、メーリングリストでやり取りされるメール総数が1000通を超えることもあります!
Action 改善、ブラッシュアップ
 次の講義には前回のシェアがあり、えのさんからアドバイスをもらうことができます。
こうしたアドバイスや、仲間の取り組みで得た気付きを生かして、学びを自社で実用可能なものへとブラッシュアップさせていきます。

ページトップに戻る

お気軽にお問合せ下さい

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

イベントカレンダー

2018年04月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

えのさん流MBA、
セミナー等のスケジュールは
カレンダーで確認できます。